イオンナノバブル水がインフルエンザ対策に?

イオンナノバブル水がインフルエンザ対策に有効なのか、沖縄県にある某病院では「イオンナノバブル水」の除菌能力がどれだけのものであるかを実験した結果、アルコール消毒した場合と比較してかなりの結果が出たようです。本当に除菌できることを確認したそうです。これは病院側のからの依頼があって行ったものですが、それによると、検査方法は有機物検査器ルミテスターを使用しました、検査対象は男性従業員の手指の除菌検査について行ったものです。

除菌前に両手を検査、両手共に「2700」の有機物(微生物)が検知されました。
右手と左手を「消毒用アルコール」と「イオンナノバブル水」に分けて使用し消毒、洗浄・除菌をした結果、アルコールで消毒した右手は「2000」に減少、イオンナノバブル水で洗浄・除菌した左手は「660」に減少しました。 これはすごい、2040も減少しました。このことから見ても如何に「イオンナノバブル水」の除菌作用が優れているかが分かりますね。「消毒用アルコール」では不十分な感じすらあります。
  
このイオンナノバブル水は肌のケアーを目的に造られているたものにもかかわらず、これだけの除菌効果があり、ですからイオンナノバブル水は手指洗い用に消毒や除菌を目的として造られたものではないのに、この結果ですから本格的に開発研究が進めばすごいことになりそうです。
ナノバブル水といえば水をナノ化(微粒子化)したもののことを言うのですが、これを摂取した場合、水の粒子が超細かいために素早く身体の細胞の隅々にまで水分と酸素を行きわたらせることができます。そして酸素は体内組織の再生活動に効果的に作用して、美肌、ダイエット、疲労回復などによい結果をもたらします。
ナノバブル水は先日、報道ステーションなどのテレビ番組で取り上げられ注目されています。これはナノテクノロジーによって生成された微細な気泡を持つナノバブル水ですが、がん細胞にも作用して小さくしてしまうと言われるナノレベル(1mm.の5000分の1ほど)の酸素の気泡を含んだ水のことです。
ナノバブル水は2年前に行われた愛知万博でも紹介されました。それ以来話題となって注目されるようになり、最近ではナノバブル水は様々なネームの飲料水として販売されているようです。

以前に、TBSTVで~夢の扉~で『見えない泡で食の安心・安全を実現したい』が放送されました。
目に見えない泡(ナノバブル)という紹介で、さまざまなものに応用できることを研究しつづけている、LDO研究所開発室室長の話によると、現在は食品との関わりについて研究をされているとのことでした。そこで注目しているのがオゾンナノバブルです。オゾンナノバブルについては食品の殺菌に利用することで、食品の安心・安全管理のための研究がなされているということです。

Leave a Comment

ナノバブルとがん治療用組成物に関する報告

ナノバブルと抗がん剤含有W/O/W型エマルションとからなる抗がん剤を与えると、がん細胞がある場所に超音波を照射することで、ナノバブルを崩壊し、そのときの崩壊エネルギーやキャビテーション現象によって、がん細胞の膜構造を破壊すます。と同時にW/O/W型エマルションから抗がん剤が出ますから、膜構造の破壊されたがん細胞に抗がん剤が作用し、がんの治療が可能になることが分かってきました。

ナノバブルと抗がん剤含有W/O/W型エマルションとからなるがん治療用組成物。

ナノバブルが超音波感受性リポソームである、上記1に記載のがん治療用組成物。

がんの超音波療法に用いるための、上記1又は2に記載のがん治療用組成物。

がんの治療において、異なる2種の有効成分を別々に投与するためのキットであって、第一成分がナノバブルを有効成分として含有する医薬組成物であり、第二成分が抗がん剤含有W/O/W型エマルションを有効成分として含有する医薬組成物であるキットです。これがナノバブルが超音波感受性リポソームです。

ナノバブルと抗がん剤含有W/O/W型エマルションとからなるがん治療用組成物を投与する工程、及びがんを超音波処理する工程からなる、がんの治療方法です。

がん細胞の近くにある新生血管などの血管には、孔径が200-400nmの大きさの穴が開いていることが知られています。この穴はがん細胞の近くの血管に特異的なものであり、正常細胞の近くの血管にはそのような穴はありませんが、抗がん剤を与えると、がん細胞が存在する場所で特異的に抗がん剤が血管内からこの穴を通って血管外に漏れ出すことになります。

シスプラチン(CDDP)含有ガス封入リポソームを与え、0.5-2MHzの共振周波数を含む低周波超音波を照射します。リポソームの崩壊とナノバブルによるキャビテーションが働く、がんの治療方法が記載されています。また、抗がん剤含有W/O/W型エマルションを用いるがん治療用組成物が記載されています。しかし、ナノバブルと抗がん剤含有W/O/W型エマルションとを組み合わせたがん治療用組成物は未だ開発されていません。

Leave a Comment

ナノバブルで ガンが治せるか?

ナノバブルが医療技術に応用できないかということが大きな関心事になっています。
特にがん治療についてどうなのかということですが、確実性はありませんが可能性はあるようです。

がん細胞の血管には、孔径が200-400nmの大きさの穴が開いていることが知られています。この穴は、がん細胞の血管の特異的なものであって、正常細胞の血管にはそのような穴はありません。したがって、抗がん剤を投与すると、がん細胞がある場所において特異的に抗がん剤が血管内からこの穴を通って血管外に漏れ出すことになるのです。
ナノバブルと抗がん剤含有W/O/W型エマルションとを組み合わせたがん治療用組成物は未だ開発されていません。
ナノバブルと抗がん剤含有W/O/W型エマルションとからなる抗がん剤を投与し、がん細胞が存在する場所に超音波を照射することによって、ナノバブルを崩壊させ、その際の崩壊エネルギーやキャビテーション現象によりがん細胞の膜構造を破壊するとともにW/O/W型エマルションから抗がん剤を放出させ、膜構造の破壊されたがん細胞に抗がん剤が作用し、がんの治療が可能になることを見出したということです。

簡単に言うと何らかの方法でナノバブルをがん治療用の液体に混入します。これが、がん細胞のところで泡が滞留するようになるので、そこで滞留したナノバブルに超音波を当てると、泡が破裂します。破裂するときに熱を発生しますので、熱に弱いがん細胞は、死滅するという理論です。

Leave a Comment

ナノバブルとは関係ない?

ナノバブルの効果によって、淡水魚と海水魚が同居してる事はナノバブルとは関係なく、ただのデモンストレーションでしょうという意見があります。それにはナノバブルの影響による、とする何の根拠も比較実験も示されていないことを挙げています。

実験そのものがナノバブルのただのデモンストレーションでしょう。ただ一つ言えることはナノバブルによる、魚の「傷のなおりが早い」とか「病気に強くなる」ということが考えられ、それはナノバブルによる、多量の酸素やオゾンの長期保持がもたらしたものであるとしています。

これによく似かよったことが実は人の病気の治療法で行われているそうです。それは高圧酸素療法という治療法ですが、心筋梗塞や脳卒中などで、血液の循環に異常が見られ流れが悪くなった場合や、一酸化炭素中毒などで、血液の状態が悪くなり用をなさなくなった場合に、酸素濃度を高く保った部屋に入れることで皮膚から酸素が染み込んでくるようになります。それによって被害の拡大を防ぎ、体の状態を回復させる事ができるようにする、という治療法です。

魚の場合だと、水に酸素を溶かせる量というのが決まってしまいますので、大量の酸素を溶かした環境に置くという事は普通はできませんね。
しかしナノバブルによる気体を超微細な粒にして分散させながら、長期保持することができますので、人間の場合の高圧酸素療法と同じような効果や、オゾンによる殺菌効果の長期のわたってその状態を保持することができるという事を言っています。

Leave a Comment

ナノバブル発生装置の効果

ナノバブル発生装置によって樹勢がとても強く直立した大輪ガーベラが育ちました。
ナノバブル発生装置の効果は、先ず根の活性化に始まり、根の呼吸を援け、肥料や水分の吸収を促進することにあります。根の活性化は作物全体の健康増進を図り、生長を促進します、そして病虫害に対する耐性向上など作物全体に良い影響を与えます。

他の微細気泡発生器との比較でも、ナノバブル発生装置は根の活性に違いが出るほどです。水耕栽培比較実験ではサラダ菜に長さと色に大きな差が出ています。全体的な根の活性比較でも、水素イオン含有量が2倍になっていました。水素イオン含有量が、作物内の還元力に関係していると思われます。
また、ナノバブル発生装置 の利用は、連作障害の解消や培材寿命の延長など、土壌や培材にも好影響を与えています。8年連作のトルコキキョウが見事な根を張り、トマト栽培のロックウールの寿命が3年から5年に延びています。

土壌や培材への効果は、ナノバブル発生装置の効果による微生物の生理活性が大きく影響していると思います。土壌や培材内の好気性微生物の活性化により、土壌障害や培材劣化の原因となる残根など有機物の分解を促進することで連作障害の解消毛細根に大きな差がでたと思われます。
ナノバブル発生装置の効果により生産力向上と、環境保全を同時に行なえる微細気泡応用技術ですから、今後の農業経営にとっては明るく見通しできるものと考えられます。

また、微生物の活性化は、土づくりや有機栽培など、農業の様々な場面で力を発揮する。特に、これから求められる環境保全型農業において、微生物の活性は不可欠な要素である。

Leave a Comment

ナノバブル農業用携帯型発生装置

ナノバブルを農業用に活用するために開発された携帯型のナノバブル発生装置があります。
ナノバブルによって植物の生理活性効果を、一段と向上させる発生法を応用することで、その効果が期待できます。緩やかに発生するナノバブルの気泡が霧のように広がる仕組みとなっています。
このナノバブル発生装置を利用することで農業をはじめ、様々な分野の利用目的や利用環境に対応した生産活動の向上に活用できると思います。

ナノバブルは、通常の気泡とは異なる多くの特性があり、様々な分野で利用され研究も盛んに行なわれており、次々と新たな特性や応用技術が進みその成果が発表されています。一次産業利用に関しては、 ナノバブル利用による効果の中でも、特に生理活性効果を高めるための、利用現場での実用にむけての研究開発が進められています。

開発された「ナノバブル発生装置」は、緩やかな気泡を発生することで、ナノバブルの持つ特性のうち酸素付加、浸透力、溶液混合を強化し、農作物への生理活性効果を高めた製品です。また、携帯化や ナノバブル発生器には壊れやすさが指摘されていましたが、その点も改良を重ねてあり、生産者にとっては扱いやすい製品になっています。

ナノバブル発生装置を農業に利用した場合の効果としては、農作物の生理活性効果により、収穫量や品質に大きく影響を与えます。収穫量は20~30%増加します。品質の向上に向けては、まず困難だとされる大輪ガーベラ栽培の成功をはじめ、多くの事例が挙げられます。また栽培期間を短縮することや収穫時期の延長、水温耐性の向上などにもその成果がみられます。

Leave a Comment

ナノバブル化されたオゾン

ナノバブルとは直径200nm以下の極微小気泡で目には見えません。通常はマイクロバブル(直径50μ以下)が水中で縮小する過程において生成されるのですが、物理的に極めて不安定な状態のため、短時間で消滅してしまいます。しかし、研究が進み電解質イオンを取り込んだ水の中で、マイクロバブルを瞬時に圧壊するという特殊な技術によって、ナノバブルを安定的に製造することに成功したのです。

気体であるオゾンは水中の中では数時間ののちに消滅してしまうのが普通ですが、この技術によってナノバブル化されたオゾンは、長期間にわたって水中のオゾン濃度を維持することが可能な、オゾン水を作ることができるようになったのです。オゾンの最大の特徴は優れた殺菌能力を持つことであり、細菌のみでなくウィルスに対しても大きな効果が期待されています。

また、遺伝子レベルで有害な菌類を破壊するため、耐性のある細菌をつくらないという大きな特徴があります。殺菌剤としてオゾンを利用する場合には、オゾンを水に溶解させてオゾン水として使用するのが一般的な方法です。オゾン水は塩素系の殺菌剤に比べて30倍近い殺菌効果があります。それとは別にバイオフィルムを分解する作用もあります。そして他の殺菌剤では対処が難しいとされている、最近問題のノロウィルスなどのウィルス類に対しても殺菌作用があり、その効果が期待されています。

さらにナノバブルは優れた浸透能力がありますから、表面だけではなく内部にまで殺菌効果を及ぼすことが可能です。これにより医療や食品の加工、製造などの現場の衛生面においても、この優れた殺菌効果のあるオゾンナノバブル水の利用に大いに期待が高まっています。

Leave a Comment

ナノバブルの破壊力

ナノバブルの破壊力?船のスクリューは泡の力で劣化するって聞いたことありますか。えっー 本当にそうなんですか?それは100年前から分かっていたこと?!エッ 溶解酸素? 所詮ナノバブルも単なる空気の泡なのに何故ですか?泡が細かくなるほど酸素量に対する表面積は大きくなり、その破壊力と酸素供給能力が増すことがそのパワーなんです。そして泡の大きさは100ナノメートル(ナノは10億分の1)という極めて小さい泡なのです。

その大きさの泡をつくる装置が2年間費やして完成ですって!泡の力で装置自体が壊れてしまうと言う、これまた不思議な現象が起こるんですね。そこで泡を発生させる部分の構造を工夫して、水中で酸素を含む超微細な泡「ナノバブル」を発生させ、水に溶け込んだ酸素量を増やし、植物や養殖魚を活性化させる装置を完成させました。

このことによって97年に環境技術専門のベンチャー企業を設立した(株)多自然テクノワークス社長のお話によると、これまでに高い環境浄化性能を持つナノバブル発生装置は認められ、農業用や漁業用のナノバブル発生装置は九州を中心にして結構売れました。03年10月からは、東大や熊本県立大と共同開発に取り組み、養殖漁場の環境改善実験など、着々と成果を上げているとのことです。
また、生物の活性化に大きな働きを見せるナノバブル水に惚れ込んで、佐賀の病院長・Y先生と共同開発して現在「あし湯」装置を完成させました!この足湯の効果がまたすごいんだそうです。

足湯開始10数分で、汗びっしょりに。ジンジン感や体の芯から温まり感が残り、汗だくが帰途の車中も続いて…入浴したい気分になりました。
10数年前、梨子木氏は風の便りで ホタルを育てる環境づくりやボランティア活動に熱心に取組んでいるという話しは聞いていたのですが…環境対策として役に立つナノバブル発生装置の実用・実践によるデータ蓄積など、着々と成果が上がり出しているようですね!ガンバレ同級生!

Leave a Comment

マイクロバブル水・ナノバブル水の用途

超微細なマイクロバブルとナノバブルを効率良く注入することで、マイクロバブル水とナノバブル水を大量に生成することができます。

マイクロバブル水は、野菜や果物等の生鮮食材を鮮度をそのまま保ちながらきれいに洗うことが出来るんです。、廃水処理・配管洗浄などまた家庭では食器や調理道具等を洗うのには洗剤の使用をかなり抑えることが出来るので、これは環境に優しいという他ありません。この他にも洗顔や洗髪に使用したり肌にも優しいですから、その用途は広がっていきそうです。

一方、ナノバブル水は、健康面でたとえば生活習慣病の予防としての飲料水のほか、調理、熱帯魚等の水槽や草花等の水やりにも有効に使用することができます。電源は一般家庭のAC100Vを使用しますが、家庭の水道圧があればポンプを動作させることなくマイクロバブル水を作ることが出来ることから、消費電力も僅かしか使いません。

マイクロバブル水とナノバブル水は一般家庭を始め、飲食店、美容室、エステサロン、健康施設、ペットショップ、介護施設、温浴、医療、病院などで業務用としても幅広い用途が期待されています。 しかしかなり高額ですから一般家庭では簡単には普及しないでしょうが、ぜひ使って見てその効果を確かめたいですね。

マイクロバブル水とナノバブル水は養殖、養液栽培、活魚水槽、水処理、土壌浄化など環境分野、産業分野、健康分野ほか多彩な分野で用途開発が進行している益々注目に値する技術です。

Leave a Comment

広がるマイクロナノバブルの応用

マイクロナノバブルの応用が各方面で広がりを見せています。大成教授の研究のもとにマイクロナノバブルの効果は、目まぐるしくその成果は「かき」だけに留まりません。
北海道のホタテ貝の本場ではホタテ養殖や、三重県では真珠養殖にもどんどん適用され、その結果、真珠の高品質化に繋がる大きな実績も挙げています。
この近年、有明海において壊滅的打撃状態となり、タイラギ貝については、救済を目的とした本格的プロジェクトにも協力して働きかけることを始まったところです。

さらに冬の間には、山口県長門市の俵山温泉でもマイクロナノバブルに注目が集まり、これを利用した一つのプロジェクトが開始しました。
大成教授の説明によると、マイクロナノバブルを利用することにより、温泉の成分が細胞の中に出入りしやすい状態となり、生理活性化が向上することにより、温泉効果をより高めることができるということです。
また白猿の湯では、いち早くマイクロナノバブル発生装置が導入され効果を挙げていると言うことです。

これらの技術のもっとも重要で中心となるのが、マイクロナノバブルを常に安定して発生させることができる装置であります。
今現在の装置は研究に研究を重ねた結果、遠心分離の力などを応用することにより、均一でしかも安定したマイクロナノバブルだけを発生させることが出来るようになったのです。

特許流通アドバイザーの方は、泡について研究されているところはたくさんあることは知っていたが、その奥にある、マイクロナノバブルのサイズを正確に測定したことにより、その泡のサイズによるところの特性が、さまざまな変化についても解明されたことを、大成教授から説明を受けられて、この技術のすばらしいことに感銘を受けたということです。

今後ますます、マイクロナノバブルの応用が盛んになり発展することが大いに期待されています。
マイクロナノバブルは様々な可能性を秘めています。海洋国である日本人である私たちにとって、何よりもかけがえのない海洋資源の環境を守ることですが、そこにこそマイクロナノバブル技術が、これから更に生かされていくようになるでしょう。

Leave a Comment

Ads by Sitemix